カミソリ負けの治し方| 女性足・顔・vライン・ワキの部位別編!

カミソリ負けの治し方は易しいですが、効果はゆっくりです。だから剃るときに、気をつけておけば防げることもありますよ。女性の足・顔・vライン・ワキの、カミソリ負けしない剃り方のコツがありました。今回はカミソリ負けの原因と、治し方を女性の足・顔・vライン・ワキと部位別にも紹介しますね。

カミソリ負けの原因とは?

カミソリ負けは、カミソリを使った後の肌にダメージを受けてしまうことです。かゆくなる・ヒリヒリする・血がにじむ・赤いプツプツができるような状態ですね。それは皮膚の表面は、目に見えないくらい細かい凹凸があります。そこを無理にカミソリで、剃ってしまうことで傷つきます。それがカミソリ負けです。

  • 肌に何もつけずにカミソリをあてる
  • 毎日カミソリをあてている
  • 毛の流れに逆らって剃っている
  • 肌に押し当てて剃っている
  • 毛を剃った後、何もつけていない

このようなことをしていると、カミソリ負けをして、肌にダメージを与えますよ。肌にカミソリを滑らせることで、角質を削いでいます。そのダメージが、バリア機能の低下につながっています。肌を守る力が落ちているから、ダメージも受けやすいのですね

カミソリ負けをしない剃り方は?

カミソリでムダ毛を剃るのは、簡単にできる反面、肌への負担も大きいですよ。手順を守って処理することで、カミソリ負けしないこともありますよ。

1.事前に肌を清潔にしておきます

肌を温めて柔らかくしておくと、剃りやすくなります。ホットタオルをのせて温めると良いでしょう。ホットタオルは、濡らしたタオルをレンジで温めるだけで良いですよ。

2.シェービング剤をつけます

お風呂で石けんをつけてムダ毛の処理をすると、簡単でキレイに剃れるような気がしませんか。石けんでも間違ってはいないのですが、必要な皮脂まで削っています。カミソリ負けをしているようなら、シェービング剤を使用すると、肌を守ることができますよ。

3.カミソリをすべらせるように剃ります

シェービング剤をつけたら、まず毛の流れに沿って優しく剃ります。また顔にカミソリをあてるときは、もう一方の手で、引っ張って剃ると良いです。毛が立つので剃りやすくなりますよ。

4.残った毛を剃る

毛の流れに沿って剃っただけでは、剃り切れないムダ毛は必ず残っています。カミソリを逆にして、残った毛の部分だけを優しく剃ります。

5.シェービング剤を流す

剃り終わったら、シェービング剤を洗い流します。お風呂で処理していたら、シャワーで流すと簡単ですね。部屋で処理していたら、濡れタオルでシェービング剤の部分を拭き取ります。

6.剃った後を冷やす

カミソリをあてたところに、冷たいタオルをのせます。冷してクールダウンさせると、炎症を防ぐことが可能ですね。

7.肌を保湿する

最後はクリームなどで、肌を保護しますよ。潤いを与えると、カミソリ負けない肌が作られます。

カミソリにも気を配る

カミソリ負けする場合は、カミソリを替えることも考えましょう。女性用のカミソリも最近は種類が増えています。安価なカミソリも気になったところを、処理するときは便利です。しかしカミソリ負けする肌には、合っていませんよ。そこで安定して剃ることのできるT型を選びます。そして肌への負担が分散するから3~5枚刃のカミソリを選ぶことをおすすめします。

 

またカミソリ自体に問題がある場合も、カミソリ負けをおこします。女性が使うシェーバーの刃も使っていくうちに、切れ味が悪くなってきます。あまり長い間使用していると、雑菌が繁殖してしまいます。そんなカミソリを使っていると、傷口から雑菌が侵入して皮膚のダメージは大きくなってしまいますよ。1カ月を目安に交換しましょう。

 

またお風呂場でカミソリを使う場合も、湿気の強い浴室にカミソリを、置いたままにするのは良くありません。すぐに刃の部分が錆びてしまいます。錆びついたカミソリを使っていると、肌への負担が強く、カミソリ負けをしやすくなりますよ。

 

カミソリ負けをして荒れた肌を見るのはつらいですよね。しかもかゆみがあると、無意識にかいてしまい悪化すると、気分は落ち込むばかりです。カミソリ負けをして、荒れた肌の治し方はあるのでしょうか。

カミソリ負けの治し方は?

女性の肌は、とてもデリケートです。カミソリ負けをしてしまったときも、治し方を知っておけば、慌てずにすみます。女性の足・顔・vライン・ワキと部位によっても、少しだけ治し方に違いがあります。まずは基本的なカミソリ負けの治し方を紹介しますね。

カミソリ負けの治し方!

カミソリ負けした場所を冷やす

カミソリ負けは、肌が炎症した状態です。だからまず炎症を抑える必要があります。炎症を抑える方法として、冷すことなので簡単にできますね。ビニールに氷を入れたものをタオルに巻いて、カミソリ負けをした場所に、そっとおいて冷します。

炎症が治まるまではカミソリの使用は避ける

ダメージを受けた肌に、カミソリをあててしまうと、当然肌の傷は広がります。ムダ毛の処理はしたいところですが、症状が治まるまでは、カミソリの使用は控えましょう

市販薬で保護する

肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりして痛い場合は、市販薬を塗ることで治る可能性もありますよ。乾燥した肌を潤して保護することで、カミソリ負けが治ることも期待できますね。

カミソリの使用を止める

もともと肌が敏感な方は、カミソリでムダ毛の処理をするには、負担が大きい場合もあります。慢性的にカミソリ負けをしているときは、カミソリの使用を止めることで、治ることもあります。電気シェーバーを使う、脱毛サロンを利用するなどがありますよ

 

それではカミソリ負けの治し方を、部位別にもう少し詳しく説明していきますね。今回は女性の足・顔・vライン・ワキの治し方を解説しますよ。

カミソリ負けの治し方 〈女性の足編〉

女性だから、足のムダ毛は気になるものです。足のスネはササっと処理できる場所だから、カミソリで処理したいですよね。しかしだんだん毛が太くなった気がする、赤いポツポツが出てきたという場合は、カミソリ負けをしています。毛の流れに逆らって剃ると、そのときはキレイに剃れた気分になれます。しかし肌が傷つくと、肌を守ろうとする力が働き、毛が濃くなることがありますよ。

 

そんな女性の足のカミソリ負けの治し方として、保湿を心掛けることがあります。もちろん最初に説明した通り、初めに冷すことも大切ですね。その他に、お風呂上りにかゆみがある場合は、肌の乾燥が考えられます。ボディソープを成分の優しいものを選ぶことも考えてみましょう。無添加や弱酸性のボディソープは、必要な皮脂を残して汚れや汗だけを流します。お風呂上りには、保湿クリームを塗って保護することも大切ですよ。

 

通気性の悪い素材はダメージを受けた肌には良くありません。化繊のものは控えておきましょう。仕事でストッキングを、着用しなくてはならない場合もありますよね。かゆみなどでつらいときは、許されるなら素足で過ごします。無理なときは家にいるときだけでも肌を休ませてあげましょう。

 

脚のムダ毛のお手入れには、こちらもおすすめ

→Moomo除毛クリームで脚・腕を脱毛してみた!

カミソリ負けの治し方 〈顔編〉

顔は他の場所より皮膚が薄いので、カミソリ負けをしやすいとも言えます。カミソリを何度も同じところにあててしまうことや、古いカミソリで無理に剃ると肌を傷めます。カミソリの刺激が続くと、炎症をおこします。これにより肌のターンオーバーが乱れます。刺激を繰り返してしまうと、色素沈着を起こすこともありますよ。

 

顔は隠すこともできないから、早く治したいものですよね。カミソリ負けの治し方には、まず冷たい水でパシャパシャと洗い冷します。ヒリヒリしているときは、化粧水は控えて乳液やクリームで保湿を心掛けましょう。傷がある場合には、皮膚科を受診して殺菌・抗炎症作用のある薬を塗ることも効果的ですよ。顔の傷は残したくないですよね。専門家に相談することも大切ですね。

 

また傷があるときは、肌の負担を軽くするために、メイクを控えておきましょう。外出するときにスッピンは抵抗があるときは、BBクリームやパウダーファンデーションで押さえる程度にします。

 

除毛クリームMoomoで顔脱毛をやってみた!

カミソリ負けの治し方 〈vライン編〉

デリケートゾーンのカミソリ負けは、赤いプツプツができることや、ヒリヒリした刺激があります。皮膚が薄いから少しの刺激でも荒れやすいのです。また下着をつけるため、摩擦を繰り返し治りにくい場所でもあります。

 

そのため治し方としては、Vラインがカミソリ負けをしているときは、処理を休みます。そしてビニールに入れた氷水を、タオルに巻いて冷します。Vラインは冷しにくい場所なので、冷たいタオルで冷してもOKですよ。赤みや痛みがなくなるまで、3~4日は冷しましょう。そして下着で蒸れると、治りが遅くなることもあります。通気性の良い素材に替えて、刺激を少なくします。

 

処理しにくい場所だから、形にこだわった、デリケートゾーン用のシェーバーがあります。また、除毛クリームで脱毛するということもできます。

除毛クリームMoomoでVIO脱毛やってみた!

 

しかも肌が弱い方には、デリケートゾーン用の石けんを使うこともおすすめですよ。敏感肌でも使えるように、成分が優しく保湿効果もあるからです。そしてVラインは炎症や黒ずみに、なりやすいため、デリケートゾーン用の保湿剤もありますよ。美白効果やターンオーバーの改善が期待できます。

 

 

カミソリ負けの治し方 〈ワキ編〉

女性にとって、ワキのムダ毛の処理は大切ですよね。つい念入りにカミソリでこすってしまいます。しかし赤く炎症しやすく、かゆみや痛みがでてしまいます。しかも肌を触ったらブツブツしていることもありますよね。キレイにならないから、何度も剃ってしまい埋没毛と言われる状態になることもあります。またかゆみなどがあるときに、古いカミソリで傷つけると、膿をもつこともあります。毛嚢炎(もうのうえん)といわれる、炎症を起こすこともありますよ。

 

ワキのカミソリ負けの治し方も、保湿を心掛けることです。コラーゲン・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたクリームをおすすめします。またブツブツとした埋没毛は、肌のターンオーバーの乱れから起きています。デリケートゾーン用のクリームはワキにも使えるものがあります。ターンオーバーを促し、元の肌へ導くことが期待できますよ。黒ずみの解消できて保湿にも優れています。

 

おしゃれのために早くワキをキレイにしたいですよね。しかし黒ずみを解消するには、ターンオーバーを正常に戻すなど時間が必要です。ワキは処理を、休むのは難しいですよね。肌の負担が少ない、電気シェーバーや除毛クリームを使うという方法もありますよ。

除毛クリームMoomoワキに使ってみた!

カミソリ負けの治し方!部位別編のまとめ

カミソリ負けは、まず冷して炎症を抑えることが大切ですよ。女性のカミソリ負けの治し方をまとめてみました。

 

女性の足
・ボディソープは弱酸性や無添加のもの
・保湿クリームで乾燥を防ぐ
・化繊のストッキングは控える

 

女性の顔
・まず炎症を抑える
・メイクを控える
・クリームで保湿する
・傷が治らないときは皮膚科の受診を検討する

 

Vライン
・デリケートゾーン用のカミソリを使う
・デリケートゾーン用の石けんやクリームも効果的
・まずは冷して下着も通気性の良いものにする

 

ワキ
・何度もカミソリでこすらない
・クリームで保湿する
・デリケートゾーン用のクリームが黒ずみ改善につながる

まとめ

カミソリ負けは、カミソリの使い方でも変わってきますよ。しかし治し方を知っておくと、痛い思いをしなくてすみますね。

 

カミソリ負けをしてしまう肌の方のムダ毛のお手入れには、お肌に優しい除毛クリームがおすすめです。

Moomo 除毛クリームの効果は?

 

 

最近、私がはまっている韓国アイドルがいるのですが、めっちゃ可愛いので、皆見てみてください。

→カロバイプラスのクチコミレビュー!